無料レポート3「合格率100%大学受験必勝小論文」

私は、学習塾を経営していた時に、専門家でもないのに、競争率4~5倍の小論文を主体とする入試で9名の生徒全員を合格させました。
合格大学は、宮崎県立看護、立命館、早稲田2名、京都教育、久留米、九州産業、筑紫女学園、柳川リハビリテーション学院、です。
たまたま9名全員が合格したに過ぎなかったのかもしれませんが、私自身は、合格が重なるほど指導方法に自信を持ち、指導ノウハウも自然に体系化しました。
これはその時私が実践した指導法です。どのような参考書であれ、共通する内容が記載されていますので、全てが私のオリジナルとは言えません。
私が取り組んだのは、学習塾の塾長として、絶対に合格させなければいけない使命のために、生徒に短期間で合格レベルの小論文の書き方をマスターさせる方法を見つけて、伝授することでした。
他の参考書との違いはその点にあります。
それから、合格させた、かつ過ぎ去った今だから話せますが、9名の受験生全員が最初に書いた小論文は、どれも酷い内容でした。中には、中学生レベルと言っても過言ではない代物もありました。
自慢話がしたいのではありません。最初は皆そうなのです。だからこそ、彼らは私の指導で基本や実戦力を短期間で身に付け、高競争率を勝ち抜くことができたのです。
小論文とは、専門的なトレーニングによって、ものすごい変化率を達成できる、大きな可能性を秘めている受験教科だということです。
それでは受験生の皆さん、小論文対策こそは、ゼロから始めても何も不利はありませんので、希望を持って、取り組んでください。
幸運を、いや、成功を祈ります。

clik image↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク