経営事務管理コストが半分以下になります

税理士、社会保険労務士に、月に合計いくら払っていますか?
そのコストは、半分以下にすることが可能です。
極めて厳しい経営環境が続く中、生き延び、発展し続けるにはどうしたらよいか?
そのひとつの答えが、確実なコスト削減と戦略的合理化です。

会計処理や社会保険手続等を税理士や社会保険労務士に業務委託すると多額の費用がかかります。
したがって、仮に、それらを低コストで処理できたら、大幅な経営管理コスト削減に繋がります。
当事務所は、中小事業所に対して、経営管理コストの削減と戦略的合理化を支援するサービスを提供します。

●支援サービスメニュー

1会計処理
経理及び会計の知識がある方が対象となります。経理及び会計の知識がある場合は、会計ソフトを導入することで、月次処理までは100%自社処理が可能となります。
年度の決算も、月次処理の延長線上で特別な事情がない限り自社処理が可能です。
また所得申告も、一般的な内容なら自社処理可能です。もしくは、申告だけ税理士にお願いすることで済みます。
当事務所は、会計ソフト導入及び運用支援を通じて、会計の自社処理化を支援します。
これによって、会計処理コストは確実に半分以下になります。
また、会計の自社処理化によって、経営状況の把握がより早く正確になります。
さらに、会計データの活用によって、正確な資金繰表の作成が容易になります。

2労働保険・社会保険手続
法人はもちろん、法人ではなくても、労災保険、雇用保険、社会保険(健康保険・厚生年金)の各種手続は法令に定められ、義務化されています。(違反すると、最低でも6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。)
社会保険労務士にお金を払って任せれば楽ですが、本来、規則通りに処理すればよいことなので、できれば自社で処理して、コストを抑制すべき業務です。
当事務所は、諸手続のアドバイス、指導を通じて、自社処理化を支援します。
自社処理によって、処理コストは確実に半分以下になります。

給与処理・労務管理
従業員が5名以上いて、仮に、まだ給与ソフトで処理していない場合は、厳密な勤怠管理と合わせて給与ソフトによる処理をすべきです。
逆に5名未満であれば、エクセル等を用いた処理でも可能です。
当事務所は、事業所のニーズに合わせて、給与及び年末調整処理の支援をします。
また、労働契約書類、労働者名簿、有給休暇管理簿、就業規則等の事業主に義務付けられた労務管理の支援をします。

★無償サービス
サービス利用者へ無償で提供するサービスです。
生命&損害保険見直し支援
生命保険及び損害保険は、ほとんどの場合、内容を十分に把握しないまま、あるいは誤解して加入しています。
また、戦略的な生命保険、損害保険の契約内容になっていません。
募集者に勧められる生命保険・損害保険の内容は、決して、あなたにとって最も必要な内容ではないのです。
実は、ここに大きな無駄が存在し、改善の余地があります
保険のプロ、ファイナンシャルプランナーの私(黒木紹光)が、保険の見直し → 契約内容変更・加入し直しを支援します。
生命保険賢い選択ガイド」を無料で提供しています。
●経営相談&トラブル解決支援
経営者は孤独で、しかも仕事上でトラブルに巻き込まれる可能性が低くありません。
また、トラブルに巻き込まれた場合、場合によっては、仕事上の大きなマイナスとなったり、致命的な状況を招く危険もあります。
重要なことは、できるだけ早く適切な対応を講じることです。
相談する相手がいなくて自分ひとりで抱え込み、対応が遅れて、ズルズルと大きなトラブルに発展することは絶対避けなければなりません。
よき相談相手として、知識と経験が豊富な私(黒木紹光)が、親身になって解決を支援します。

★有償オプションサービス
サービス利用者のニーズに応じて、保険金や補助金申請等の支援をいたします。

●料金と提供方法

支援サービスメニュー1~3から必要なサービスを選び、6ヶ月更新か1年更新かをお選びください。
料金は、サービス数と期間によって月額が決まります。
1サービス6ヶ月更新:月額6,000円(税込6,600円)、1年更新:月額5,700円(税込6,270円)
2サービス目以降6ヶ月更新:月額5,000円(税込5,500円)、1年更新:月額4,750円(税込5,225円)

支援サービスは、基本、電話とメール及びzoomを用いて提供します。
低価格でのサービス提供をしており、基本的に直接対面でのサービス提供はしていません。
直接対面でのサービス提供をご希望の場合は、別途ご相談ください。

詳しくは、問合せフォームよりお問合せください。

コメント