運営者から

今私は三度目の裁判中である。2016年9月26日の三度目の裁判開始から間もない10月4日、「日向消費者問題フォーラム」というブログを開設した。その直前の9月15日、「本物のウソ」というブログを開設したばかりだった。

三度目の裁判というアクシデントによって、情報発信の目的とブログコンセプトの変更を余儀なくされ、ふたつのブログ運用を試みようとしたが、やはり、ふたつのブログを同時運用するには無理がある。

さらに、最近、情報発信の目的と求めるブログコンセプトが、ふたつのブログのいずれか一方とも明かに違ってきた。

そこで、とりあえず「本物のウソ」を停止し、当ブログ「いつも心に良心を」を開設することにした。

当ブログの目的は、全ての人にとって避けたくても避けられない、人生におけるトラブルに面した時や危険に晒された時に役に立つ、情報やノウハウの提供である。
加えて、裏事情をよく知る、利害関係から一切離れた元の仕事である保険(損保、生保)に関して、騙されない方法を案内したい。

私自身が、過去(今現在も)、随分トラブルに面し危険に晒されてきた。人生勉強というが、こんなに勉強ばかりさせられると、どんな馬鹿でも少しは賢くなる。ふと気が付いたら、結構な価値がある情報やノウハウが積み上がっていた。

自分で言うのも何だが、「これは役に立つ!」

過去、私は、自分の体験だけではなく、人が犠牲者になることに深い悲しみと大きな怒りを抱いてきた。私自身がその悲しみを知るだけに、多くの犠牲者の悲しみの表情を、決して忘れることはできない。

そして、忘れることができない表情は、私に何ができるかを問いかける。

私が今持っている情報やノウハウは、悲しみの表情を減らすことに役に立つと確信する。自分の体験は無駄ではなかった。私は、そのことを、当ブログで確かめるつもりである。

分野は、生命保険、自動車保険、消費者問題、労働問題、行政、裁判である。これらは全て、自ら体験しているだけではなく、他人の問題としても、ボランティアで相談にのり、支援してきた経験がある。

自ら体験しているので、内容をよく知っているし、他人の状況もよく分かる。そして、経験によって学んだことを糧にした、より実戦的なノウハウを築いた。

もし、今トラブルに面し危険に晒されている人が、当ブログから情報とノウハウを学び、生かすなら、危機を脱するかも知れないし、少なくとも、一筋の光を見出すだろう。

人はトラブルに面し危険に晒された時、湧き出る疑問と不安に襲われ、押し潰されそうになりながら、あちこちに相談しても答えは見つからず、時間は浪費され、疲労は蓄積していく。
こうして人々は、失望を繰り返し、人や組織が信じられなくなり、人生の希望を失っていく。

その悪循環に終止符を打ち、希望を与えられたら、どんなにすばらしいことかと思う。
決して大袈裟ではなく、当ブログは、私のライフワークである。


守るべき価値観

もうかなり以前から、私は日本人であることに誇りを持てない。
日本を愛する気持ちに変わりはないが、日本社会や日本政治、そして、モラルが崩壊した日本人を信用することはできない。
残念ながら、これは、死ぬまで変わらないだろう。

しかし、失望の一方で、だからこそ守るべき価値観が絞られた。
謂わば、当ブログのベースになる価値観でもある。

その価値観とは、良心、真実、正直、公平、公益の5つである。
日本人であることに誇りを持てない理由とは、これらの価値観を失った日本人が少なくないからである。
今、日本社会で日々発生している事件のほとんどは、これらの価値観を犠牲にした利己主義に支配された人々の仕業である。
今、日本社会で日々発生している事件のほとんどが、良心を失ったありふれた現代日本人の姿を、まざまざと見せつけてくれる。
われわれ日本人の心に良心を取り戻すことは、何より喫緊の課題である。

いつも心に良心を。


サイト運営者略歴


学習院大学(経済)卒。 日立アプライアンス株式会社勤務を経て、地元日向市で学習塾を21年間経営。その後損害保険会社勤務を経て、現在に至る。
ファイナンシャルプランナー2級、損害保険普通資格、生命保険ライフコンサルタント。
趣味は、読書、ジョギング、サッカー観戦。 尊敬する人物は、リンカーン、中坊公平。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする