第1話「知識とノウハウの有無で2倍以上変わる交通事故損害賠償額」

かつて、私は、某損保に勤めていました。私達専門家の間では常識ですが、交通人身事故の損害賠償額は、保険会社の当初提示額と比較した場合、裁判所基準ではその数倍になることが珍しくありません。
しかしながら、現実には、全体の90%以上が、保険会社の当初提示額で示談されているのが実情ではないでしょうか。
なぜなら、本来交通事故被害者が所有している筈の権利に関する情報や知識が、一般的な場で公開されず、専門家しか知り得ない状況があるからです。
ある意味そうした事情は、弁護士による活躍の舞台が残されている面もありますが、結果的には、弁護士の利用まで行き着かない、多くの交通事故被害者の権利が侵害されている(多くの交通事故被害者が損をしている)結果をもたらしているとも言えます。

私は保険会社在籍時から、こうしたアンフェアな状況(交通事故被害に遭って辛い思いをして、払わされた犠牲を相応に償ってもらえない状況)は非常に不健全だと感じていましたし、交通事故被害者の権利はごく当たり前に守られるべきだと思っていました。
ですから、ここに紹介する知識とノウハウは、何も特別な特効薬の類ではなく、保険会社の当初提示額の数倍となる場合もある裁判所基準を当たり前の権利として、その獲得方法を伝授するものです。

残念ながら、現実は、裁判までしない限り100%権利を守ることはできませんが、本ノウハウの活用によって、極めて容易に、高いレベルで権利を守ることが可能となります。
理不尽であることは否定できませんが、要は知識やノウハウを知っているかどうかだけで、受け取れる賠償額が大幅に違ってくるのです。

私は、全く専門知識がない、できるだけ多くの交通事故被害者の方に、負担を払うことなく被害者としての権利を守ってもらおうと考えて、本ノウハウを公開することにしました。
本ノウハウを活用すれば、保険会社の当初提示額をはるかに上回る賠償額を、ごく当たり前に獲得できることでしょう。
ブログ読者には、是非小さな負担で大きな成果を得ていただきたいものです。

尚、一般の読者向けに紹介する内容ではありますが、そもそもが、交通事故、損害賠償、自動車保険、保険請求という、日常生活には関係しない分野の説明になりますので、当事者(交通事故被害者)でなければピンと来る内容とは言えません。

しかしながら、不運にも、一度当事者(交通事故被害者)になった場合は、非常に助かる、極めて価値のある内容だと分かるでしょう。
さらに、幸運にも、これまで当事者(交通事故被害者)になった経験がなくても、転ばぬ先の杖として、非常に有益な内容だと感じることができるでしょう。
知識が強力な防衛装置であることを、是非実感してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク